Skip to Content

Kubernetes 公式チュートリアル2の補足

公式チュートリアル

Redis と PHP を使用したゲストブックの作成

最初に

2つめのチュートリアルを試した際の記録
1つめを終えていれば、事前準備で躓いた以外は手順通りにサクサク進めた


事前準備

構成ファイルをダウンロードする
Kubernetes GitHub リポジトリにアクセスし、
このチュートリアルで使用する構成ファイルをダウンロードします。

日本語訳のページは更新が追いついていないようで、必要ファイルのリポジトリが移動されている。
https://github.com/kubernetes/examples

任意のディレクトリにguestbookのサンプルファイルをダウンロード

git clone https://github.com/kubernetes/examples

ステップ 1: Redis マスターを設定する

補足
kubectl logsの結果

> kubectl get pods
NAME                            READY   STATUS    RESTARTS   AGE
redis-master-57fc67768d-l8rxt   1/1     Running   0          3m18s

> kubectl logs -f redis-master-57fc67768d-l8rxt
                _._                                                  
           _.-``__ ''-._                                             
      _.-``    `.  `_.  ''-._           Redis 2.8.19 (00000000/0) 64 bit
  .-`` .-```.  ```\/    _.,_ ''-._                                   
 (    '      ,       .-`  | `,    )     Running in stand alone mode
 |`-._`-...-` __...-.``-._|'` _.-'|     Port: 6379
 |    `-._   `._    /     _.-'    |     PID: 1
  `-._    `-._  `-./  _.-'    _.-'                                   
 |`-._`-._    `-.__.-'    _.-'_.-'|                                  
 |    `-._`-._        _.-'_.-'    |           http://redis.io        
  `-._    `-._`-.__.-'_.-'    _.-'                                   
 |`-._`-._    `-.__.-'    _.-'_.-'|                                  
 |    `-._`-._        _.-'_.-'    |                                  
  `-._    `-._`-.__.-'_.-'    _.-'                                   
      `-._    `-.__.-'    _.-'                                       
          `-._        _.-'                                           
              `-.__.-'                                               

[1] 09 Jun 01:29:18.310 # Server started, Redis version 2.8.19
[1] 09 Jun 01:29:18.310 # WARNING you have Transparent Huge Pages (THP) support enabled in your kernel. This will create latency and memory usage issues with Redis. To fix this issue run the command 'echo never > /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/enabled' as root, and add it to your /etc/rc.local in order to retain the setting after a reboot. Redis must be restarted after THP is disabled.
[1] 09 Jun 01:29:18.310 # WARNING: The TCP backlog setting of 511 cannot be enforced because /proc/sys/net/core/somaxconn is set to the lower value of 128.
[1] 09 Jun 01:29:18.310 * The server is now ready to accept connections on port 6379

ステップ 6: クリーンアップする

frontend サービス用にプロビジョニングされたロードバランサが削除されるのを待つ

ロードバランサ削除されてないとこの表示

> gcloud compute forwarding-rules list
NAME                              REGION           IP_ADDRESS     IP_PROTOCOL  TARGET
aef2eb2e88a6711e9be0142010a92015  asia-northeast1  35.243.121.74  TCP          asia-northeast1/targetPools/aef2eb2e88a6711e9be0142010a92015

Listed 0 items.が表示されればOK

> gcloud compute forwarding-rules list
Listed 0 items.

感想

ドキュメント読みながら、実際に作ってみるとServiceとPodの関係性が少しわかってきた。
課題はマニュフェストをただ実行するだけなので、マニュフェストの書き方がまだわかっていない。
それでも与えられたものをそのまま動かしていく過程、でKubernetesで使われている用語の意味がわかってきた。