Skip to Content

Hugo Goldmark Tips

概要

v0.60.0以降、Markdownのパーサがgoldmarkに変更にあたり、設定を見直した際のメモ書き

環境

1
2
> hugo version
Hugo Static Site Generator v0.62.0/extended linux/amd64 BuildDate: unknown

ソースコードのハイライト

デフォルトのスタイルがmonokaiなのでハイライトがほぼ見えない
ドキュメント

表記方法

3行だけハイライト
go {hl_lines=[3]}

1
2
3
4
5
6
7
package main

import "fmt"

func main() {
	fmt.Println("Hello world")
}

1行目と、5〜7行目をハイライト
go {hl_lines=[1, "5-7"]}

1
2
3
4
5
6
7
package main

import "fmt"

func main() {
	fmt.Println("Hello world")
}

ソースコードのスタイル

config.tomlを更新する(記述がなければ追記すればOK)
styleここから 選んで指定すれば変更可能
lineNostrueに変更し行番号を表示するようにした

デフォルト

1
2
3
4
5
6
7
8
9
[markup.highlight]
  codeFences = true
  hl_Lines = ""
  lineNoStart = 1
  lineNos = false
  lineNumbersInTable = true
  noClasses = true
  style = "monokai"
  tabWidth = 4

改行

文章を改行するのには文末にスペースを2個入れるのがデフォルト設定
改行コードがそのまま改行とするには、hardWrapstrueにする

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
[markup]
  defaultMarkdownHandler = "goldmark"
  [markup.goldmark]
    [markup.goldmark.extensions]
      definitionList = true
      footnote = true
      linkify = true
      strikethrough = true
      table = true
      taskList = true
      typographer = true
    [markup.goldmark.parser]
      attribute = true
      autoHeadingID = true
    [markup.goldmark.renderer]
      hardWraps = true
      unsafe = false
      xHTML = false

感想

設定いろいろあって調べるたびに追記していこう

参考

https://text.baldanders.info/release/2019/11/hugo-v0_60-with-goldmark-parser/
https://nasust.com/hugo/basic_knowledge/goldmark/