Skip to Content

入門Goプログラミング Lesson6(浮動小数点)から学んだこと

LESSON6 浮動小数点

浮動小数点の変数を宣言

すべて同じこと書いてある

ポイント
右辺の値を見てfloat64を推論できるので、推奨は省略して書く

pi := 3.14  // 推奨の書き方
var pi = 3.14
var pi float64 = 3.14

浮動小数点型の整形

例)”%4.2f”
%4: 全体の最小の長さ、左側にスペースでパディングする
2f: 小数点以下の桁数

例)”%05.1f”
%05: %[パディングする文字][長さ]

package main

import (
	"fmt"
)

func main() {
	third := 1.0 / 3
	fmt.Println(third)
	fmt.Printf("%f\n", third)
	fmt.Printf("%.3f\n", third)
	fmt.Printf("%4.2f\n", third)
	fmt.Printf("%10.2f\n", third)
	fmt.Printf("%05.1f\n", third)
}

実行結果

0.3333333333333333
0.333333
0.333
0.33
      0.33 // スペースでパディングされている
000.3

丸め誤差を最小限に留める

割り算の前に掛け算を行う

感想

浮動小数点を普段使わないせいで余りピンとこない

参考

なし