Skip to Content

入門Goプログラミング Lesson1から学んだこと

LESSON 1

package

このコードが属するパッケージを宣言します。

今の所、package main しか見たことがない

package main

import

このコードが使うパッケージを指定します。

Pythonと同じ感覚で良さそう

import (
    "fmt"
)

func

関数を宣言します
関数本体は、どれも1対の波カッコ({ と })で囲みます。
{ が、funcキーワードと同じ行に置かれ、 } は、独自の行に置かれています

fun main() {
    fmt.Println("なるほど")
}

これ以外の{}の置き方は使えなくコンパイルが通らない
人間が文末に ; を書くのを辞めるためにこのルールが作られた経緯があり、
コンパイラが文末に ; を挿入してくれている

実際に { の位置をズラして試す

package main

import (
	"fmt"
)

func main() 
{   // funcのある行から1行下げてみたらエラーになる
	fmt.Println("なるほど")
}
表示されたエラーメッセージ
// 関数本体がない
missing function body 

// 予期しないセミコロンか、改行が { の前にある
syntax error: unexpected semicolon or newline before { 

練習問題

画面に表示するテキストを変更する

表示する

package main

import (
	"fmt"
)

func main() {
	fmt.Println("文章変えた")
}

実行結果

文章変えた

2行のテキストを表示する

表示する

package main

import (
	"fmt"
)

func main() {
	fmt.Println("1行")
	fmt.Println("2行")
}

実行結果

1行
2行

何語の文字でもサポートしているから、テキストを表示させる

表示する

package main

import (
	"fmt"
)

func main() {
	// ロシア語でこんにちは
	fmt.Println("дравствуйте!")
}

実行結果

дравствуйте!

参考

入門Goプログラミング