Skip to Content

RTT, latency, response time の違い

round trip time

通信相手に信号やデータを発信してから、応答が返ってくるまでにかかる時間
相手との物理的な距離や、経路上で中継、転送する装置などの数や処理に左右される
つまり、行って帰ってくるまでの時間

latency

発信したデータが相手に届く、あるいはその逆、までにかかる時間
つまり、片道の時間

response time

システムの応答や反応にかかる時間を表す場合、入力が完了してから出力が始まるまでの時間
ネットワークで言うところのRTT
ということはネットワークで使うならRTTと呼ぶのが正解か

参考

手帳のメモ(どこのサイトを参照していたか不明)

Last updated:
Categories: exam
Tags: