Skip to Content

グァテマラSHBの感想

グァテマラ SHB


購入先
  • 豆源
説明書き

珈琲らしい適度な苦味とコクをバランス良く味わえる
コストパーフォーマンスに優れた中南東の代表的な豆
ハイグレードではありませんが、幅広い層に人気があり、苦味の前にコクのあるコーヒーの代表格!?

酸味 コク 苦味 甘み
1.0 3.0 3.0 1.5
焙煎
  • ハイ 〜 シティ
    • 焙煎度合いは表記と異なり、フルシティの感覚
価格(税込)
  • 300g
  • 927円

ホット

抽出方法
No. 温度 ドリップ方法
1 20g 88℃ 200cc ペーパー
2 15g 86℃ 150cc ペーパー
感想
  1. コクは少しある。
    後味はスッキリしているが、少し余韻がある。
    実に普通のコクを感じる珈琲で、万人受けする味。
    ブラックと注文受けた際にはこれを提供したい。

  2. コクが少し強くなる。
    苦味とコクをどっしりと感じられ、とても美味しくなった。
    86℃の方が好み。


珈琲ゼリー

抽出方法
温度 ドリップ方法 挽き
30g 88℃ 330cc ペーパー ダイヤル4

+250cc加水 ゼラチン15g

感想

苦さの後に酸味が残る
苦さも控えめで、少量の練乳だと酸味を感じる
総じてこの酸味が珈琲ゼリーに合わない


SHBとは?

グァテマラの豆には標高に応じて8段階の等級があり、
その最も標高の高いところで収穫された豆がSHB

SHBとは、Strictly(厳格な)、Hard(高地産の)、Bean(豆)の略です。

参考
https://ameblo.jp/toracafe-mameya/entry-12286197041.html

Last updated:
Categories: coffee
Tags: